HOME > 渚美装ブログ > 塗装工事 > 屋根の塗装の注意点

屋根の塗装の注意点

< カラーシュミレーション  |  一覧へ戻る  |  色を変える >

今回紹介しますのは、当社が屋根の塗装をする際に使用している「タスペーサー」です。
 屋根を塗装するときに注意する点は屋根材の重なりが塗料で埋まってしまわないようにする事です。
とは言っても、下塗り、中塗り、上塗りと、塗り重ねていくと画像で確認できるようにほとんどの屋根の重なり部分が埋まってしまいます。

元々は上下の重なりの裏面から雨水や水分が排出されるようになっているものなので、そこが埋まってしまうと、たて目地部からの水分の侵入後、毛細管現象により建物内部に水が侵入する恐れがあります。
 
そこで以前は、皮スキやカッターなどを使って上下の屋根材の隙間を確保していたのですが、塗膜が剥がれたり、傷が付いてしまうという理由から現在はタスペーサーを使用する事になっております。
 屋根に入れ込んでいく手間はありますが、後々の事を考えると塗装工事を依頼される方がより安心して過ごせるよう、屋根の塗装工事の基本工程とさせて頂いております。
4eea91f5.jpg
21842737.jpg
d6764208.jpg
06837f47.jpg
7429090e.jpg

カテゴリ:

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 屋根の塗装の注意点

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nagisa-style.com/bcms/mt-tb.cgi/74

< カラーシュミレーション  |  一覧へ戻る  |  色を変える >

このページのトップへ