HOME > 渚美装ブログ > リフォーム > 見積書

見積書

< 失敗しない塗装工事小冊子プレゼント  |  一覧へ戻る  |  今日は暑かった・・・ >

外壁塗装などを行う前に必ず見積もりをとりますが、重要な?数の出し方が業者によってまちまちなようです。

基本的には、縦×横から外壁の総面積を計算して、そこから開口部(窓枠、玄関扉など)面積を差し引いて外壁の塗装面積を計算します。

中には建物の坪数からおおよその外壁面積を計算する方法もあるようですが、やはり家屋の形状によって大きく誤差がでてしまうようです。

実際の工事費に大きく関わっている外壁の?数ですから、やはり「だいたい」では問題があると思います。

おおよその外壁面積で塗料の量を計算し、実際は塗料が足りなくなってしまったらどうでしょうか?
塗料を追加注文すればすむ事なんですが、実際に足りない事に気付いた時には塗装工事も大詰めに入っているでしょう。
そうなってくると一番怖いのは、追加の塗料を待っていられずに有るだけの材料を薄めて塗ってしまうという事です。

複数の業者から見積もりをとられる際には、金額面、仕様材料だけではなく、?数の違いや、その計算方法なども気にして見てみると良いと思います。

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 見積書

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nagisa-style.com/bcms/mt-tb.cgi/83

< 失敗しない塗装工事小冊子プレゼント  |  一覧へ戻る  |  今日は暑かった・・・ >

このページのトップへ