HOME > 渚美装ブログ > リフォーム > 塗料について

塗料について

< 今日は暑かった・・・  |  一覧へ戻る  |  お天気仕事・・・ >

今日は一般住宅の塗り替えで使用する塗料についてご紹介します。
ご存じの方も多いと思いますが、その耐久年数は

フタル酸塗料 4?7年

アクリル塗料 4?7年

ポリウレタン樹脂塗料 10?12年

アクリルシリコン樹脂塗料 10?15年

フッ素樹脂塗料 15?25年

既存の外壁の傷み具合や、立地条件などにより耐休性は異なりますが、ずば抜けてフッ素の実力が高いのは分かって頂けると思います。

そもそもフッ素原料は旭硝子株式会社(http://www.lumiflon.com/jp/index.html)の特許製品であり、その原料(ルミフロン)をもとに旭硝子コートアンドレジン(http://www.asahi-candr.com/index.html)がフッ素塗料を製造しております。

当社は旭硝子の認定施工店(メイクUpショップ)として建築塗料の、そしてフッ素の最高峰ルミフロンを使用して塗装工事を行います。

1回の総工事費はそのほかの塗料と比べてやはり高いものにはなりますが、30年間のメンテナンスコストランニングコストは安くなります。

今後の計画を具体的にして塗料の種類を選択すれば、より無駄のない外装のリフォームが行えると思います。

「安かろう悪かろう」ではなく、その家庭、家庭にあった塗料の選択をお薦めします。

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 塗料について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nagisa-style.com/bcms/mt-tb.cgi/85

< 今日は暑かった・・・  |  一覧へ戻る  |  お天気仕事・・・ >

このページのトップへ