HOME > 渚美装ブログ > 塗装工事 > 屋根の雨漏り防止

屋根の雨漏り防止

< 仮設足場、洗浄  |  一覧へ戻る  |  屋根の下処理 >

スレートがわら(コロニアル、カラーベスト)を塗装する際に一番注意しなければ行けないのが、上下の屋根材の隙間が塗料で埋まってしまわないようにする事です。

なぜかというと、縦の継ぎ目から侵入する水の逃げ道がなくなってしまい、毛細管現象により水は上へと上がっていき雨漏りを起こす危険があるからです。

塗装後の縁切り(塗料で埋まってしまった重なり部を、カッターやカワスキ等を使って開く事。)という作業を行えば問題ありませんが、当社ではタスペーサーを差し込み対応しております。


c2d70233.jpg
 タスペーサー挿入前














21bbd341.jpg
 挿入後、このまま塗装していきます。














6103f1cd.jpg
 赤で囲った部分にタスペーサーが差し込んであります。 上下の屋根材の隙間が塗料で埋まってしまわないために入れています。

カテゴリ:

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 屋根の雨漏り防止

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nagisa-style.com/bcms/mt-tb.cgi/146

< 仮設足場、洗浄  |  一覧へ戻る  |  屋根の下処理 >

このページのトップへ