HOME > 渚美装ブログ > 塗装工事 > 屋根の下処理

屋根の下処理

< 屋根の雨漏り防止  |  一覧へ戻る  |  下塗り2回塗り >

8dff27fd.jpg


写真ので囲んである部分ですが

鉄板に打ってある釘が抜けかかっていたため、既存の釘のとなりに

新たにステンレス製のスクリュー釘を打ち込み、水の侵入を防ぐために

コーキングを施してあります。

塗装工事に入る際、この部分の釘が抜けかかっている事は非常に多いので

毎回のように行う作業です。

原因としては下地の木材が湿気たり乾燥したりを繰り返すたびに起こる

木材の収縮が原因だと考えられます。

改善策としては抜けづらい釘(スクリュー釘)などを打ち込み、

コーキングをして水の侵入を確実に防ぐ事です。

普段なかなか見る事の出来ない屋根の上ですからこういった機会にしっかりと

処理をしておけば安心です。

カテゴリ:

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 屋根の下処理

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nagisa-style.com/bcms/mt-tb.cgi/147

< 屋根の雨漏り防止  |  一覧へ戻る  |  下塗り2回塗り >

このページのトップへ