HOME > 渚美装ブログ > アーカイブ > 2006年7月アーカイブ

渚美装ブログ ; 2006年7月アーカイブ

祝!退院

久しぶりのブログですが、実は23日からおたふく風邪になってしまい、ずっと寝込んでいる状態でした。

年を取ってからやると辛いといいますが、まさにその通りで何も手につかない状態でした。
あまりにも高熱が続いていたので金曜日に入院して、本日無事退院してこれました。
本調子になるまではあともう少しかかりそうですが、またブログを再開しますのでよろしくお願いいたします。

オシャレになりそうです

c259fcda.jpg


だだ今進行中のお宅です。

現在は天気が落ち着かないため、仮設足場の組み立て、

高圧洗浄の段階まで進めてある状態です。

見るからにオシャレなお宅ですから、完成が今から楽しみです。

茅ヶ崎H邸

3e97c7aa.jpg

fa9a47c2.jpg


外壁:弾性セラMシリコン?(関西ペイント)

築二十数年のお宅ですが新築のようだと喜ばれておりました。

手前の木がポイントになりとてもよく似合っています。

カラーシミュレーション

あくまでもイメージになり、実際の仕上がりとの誤差はありますが

雰囲気としては分かりやすく良いのでは、と思っています。


54699908.jpg
                                                   
施工前

b16c4864.jpg

カラーシミュレーション後

036566df.jpg
 
塗装工事完了後

屋根上塗り(艶消し)

56b21cd7.jpg

7a52acce.jpg


仕上げ材料:ヤネフレッシュSi 艶消し(SK化研製)

工程

1、高圧洗浄

2、トタン部分ケレン(ペーパー、ワイヤーブラシ等使用)

3、トタン部分錆止め塗装 SKミラクボーセイ(SK化研製)

4、シーラー塗装 ミラクシーラーEPO(SK化研製)

5、タスペーサー取付

6、中塗り ヤネフレッシュSi (希釈率5%)

7、上塗り ヤネフレッシュSi (希釈率5%)

8、縁切り部分の隙間のチェック
  
  完了。

藤沢N邸

5f9571cd.jpg

9c3b3462.jpg



外壁:クリーンマイルドウレタン弾性(SK化研)4回塗り

屋根:ヤネフレッシュSi(SK化研)

3年点検

当社の定期点検3年目の状態です。


a4d5a550.jpg
 
2003年7月塗装直後。

当然ですが艶やかで輝いています。

208f0887.jpg
 
2006年7月8日(3年経過後)

雨の日の写真なので分かりづらくなってしまいましたが、艶の状態もとても良く、心配ない状態です。
塗装して「まだ1年」と言っても信じてしまう程じゃないかと思います。

現在の艶の状態は下の写真で確認してください。

e9779996.jpg

 2003年7月塗装直後。 


027f1d30.jpg
 
2006年7月8日(3年経過後)


51fd7653.jpg
 
2006年7月8日(3年経過後)

外壁中塗り

669467f8.jpg

ceaaa816.jpg


現在施工しているお宅の中塗りの途中の写真です。

上塗りの色よりも薄い色を塗っています。

何度も言っている事なのですが、塗り重ねる色を変える事により

お客様が見て、何度塗っているのかが分かりやすくなり、

職人達も万が一塗り忘れがあったときにすぐに気付く事が出来るため

下塗り、中塗り、上塗りとすべて異なる色で塗装をしていきます。

屋根艶消し仕上げ

eebc0428.jpg

cc32b8f2.jpg

aaa62f7d.jpg

写真は今回行っている外装塗装の屋根の中塗り状態です。

普段よく行っている艶有り仕上げのあの艶やかさも良いのですが、

艶消し仕上げは独特の風合いを持ち、これもまた捨てがたいですねっ!

上塗り完了後にまたご紹介致します。

小田原W邸

53d7ace1.jpg

6f1679d1.jpg


屋根:ヤネフレッシュ(SK化研)
外壁:クリーンマイルドウレタン(SK化研)

屋根の下地処理

04bdca3e.jpg

fb0ce4fd.jpg


写真上は高圧洗浄後。
棟押さえの錆とカラーベストの塗料の剥がれが目立ちます。

写真下は棟押さえのケレン(目荒らし)後錆止め塗料を塗り

数本抜けていた釘を打ち直して、水の侵入を防ぐためにコーキングを

施した状態です。

この後は、シーラー塗装→タスペーサー取付→中塗り→上塗り→カラーベストの重なり部分の

隙間の確認、確保を行います。

茅ヶ崎N邸

外壁:セラMシリコン?(関西ペイント)
屋根:ヤネフレッシュSi(SK化研)

e92a581e.jpg

8812ea17.jpg


f7ae5185.jpg

0190ae89.jpg



« 2006年6月 | メインページ | アーカイブ | 2006年8月 »

このページのトップへ