HOME > 渚美装ブログ > アーカイブ > 2006年12月アーカイブ

渚美装ブログ ; 2006年12月アーカイブ

事務所の塗装

65f6aa67.JPG


3bc0fcf8.JPG

今年の年末は置き場の物置、事務所を渋めの茶色に塗装しました。
暗すぎるかな??と思ったのですが結構かっこよくなり、満足しています。

川上と佐々木でトラックの荷台も塗装してくれて、新年も気持ちよく仕事が始められそうです。

皆さん良いお年を??。

焼き芋

39e8848d.JPG


今日は午前中で仕事納め!
午後から近所のこどもを連れて会社の置き場で焼き芋をしました。
初の焼き芋だったのですが出来は上々、とてもうまく焼き上がりました。

焼き芋って思ったより美味くてびっくりしました。
みんな喜んで食べてくれたので良かったです、頑張って焼いたかいがありました。

近々もう一度やろうかなと計画を立てています。

本当にうまくできて良かったです。

茅ヶ崎A様邸

4bdf55ac.JPG


3559e579.JPG



外壁:セラMシリコン?(関西ペイント)

屋根:ヤネフレッシュSi(SK化研)


外観の雰囲気はあまり変えずにという希望から決定した外壁色は、とても落ち着いた飽きの来ない色に仕上がりました。

とても感じの良いお客様で施工中も毎日気持ちよく仕事をさせて頂けたことに感謝しています。

施工後も大変喜んで頂けたようで安心しました。


リクガメ成長日記

わが家のリクガメの成長日記です。
2006年12月27日現在

78e93d29.JPG


ヒョウモンリクガメ(リク)
甲長 21.2?
体重 1.3?

たまに餌をやらないで胃を休めてあげると良いらしいのですが、そんなことをしたら、わが家の亀たちは「腹が減った!」と大暴れで、ゲージの中の流木などを全部ひっくりがえしてしまいます。
元気なのは良いのですがこれだけ急成長されてしまうとちょっと焦りますね。

c0cca1cf.JPG


ケヅメリクガメ(ナリ)
甲長 9.6?
体重 175g

こいつも元気なのですが、リクに比べると成長はまだ遅いです。
でも、アルダブラゾウガメの次ぎに大きくなる種なのでこれからが怖いです・・・(汗)

今日は2匹ともお風呂に入れてやりました。温浴ってやつです。
相変わらず嫌がっていましたけど・・・

次回もお楽しみにっ!

タスペーサーの色

5733eb69.JPG


写真は屋根の塗装時の必需品”タスペーサー”の取付後です。今までは黒いものを使用していたのですが、今回から写真の茶色いものに変えました。
理由はお客様に写真を見せて説明する時に黒だと屋根材と同化してしまい分かりづらいので単純に見やすいように色を変えました。

当然茶系の屋根に入れる時は黒いタスペーサーを使用します。

タスペーサーの詳細はこちらから。←製作会社のセイムのホームページです。

メリークリスマス!

0d9bb6ce.jpg


昨日はクリスマスイヴ、仲良し家族でクリスマスパーティーをしました。

途中で近所のチビサンタがサプライズで登場して、みんなを驚かせていました。

こども達は早くサンタクロースが来ないかとソワソワしている様子でした。

みんなで楽しくイブを過ごし、うちの娘達は今日の朝6時に起きて、枕元のプレゼントを見つけた途端「サンタが来た、サンタが来た」と大騒ぎでした。

皆さんもそれぞれのクリスマスを楽しみましたか?

メリークリスマス・・・

ウッドデッキ

ebd6ae67.JPG


d86f1576.JPG


写真は先日行ったウッドデッキの防腐剤(キシラデコール)の塗装工事です。
新築から5年のお宅ですが、新築時、数年前、今回と3回目の塗装になります。
近年、ウッドデッキの有るお宅が増えてきていますが、メンテナンスを怠ってしまい腐らせてしまっている家を多く見かけます。

ウッドデッキは使用する木材により耐久性も様々ですが、一般的に多く使われているのはレッドシダーやイペ材と呼ばれるものです。

これらの木材でデッキを作る場合は耐久性は10年前後といわれています。
でも10年毎に作り替えるといってもそう簡単には出来ない金額ですよね。

そこで大切になってくるのが日頃のメンテナンスということになります。
防腐剤の塗装を頻繁(年1回)に行うことが望ましいのですが、業者に頼めば10?20万円以上は費用を見なければいけません。
なかなか頼めませんよね?。

そこでデッキを長持ちさせるためにはやっぱりお父さんが暇を見て出来る限り頻繁に塗ってあげるしかありません。

がんばって長持ちさせましょう!

大変ですがやっぱり茅ヶ崎にはウッドデッキがよく似合います。

« 2006年11月 | メインページ | アーカイブ | 2007年1月 »

このページのトップへ