HOME > 渚美装ブログ > 塗装工事 > スラリー瓦塗装

スラリー瓦塗装

< たまには趣味の紹介です。  |  一覧へ戻る  |  うちの職人 >

先日行ったスラリー瓦の塗装工事です。

この手の瓦の塗装は特に注意が必要で、嫌がるペンキ屋さんも数多く存在します。
何も気にせずに塗ってしまうと、後々塗料が剥がれてきてしまい、見るも無惨な姿になってしまいます。
まず、大切なのは塗料の選択ですね
以前は「専用」塗料がなかったために数年後に剥がれてきたと言う例が多かったのですが、現在は専用の下塗り材(プライマー)がありますのでそのような塗料を使ってもらって下さい。
専用の物を使用すれば瓦の表面のスラリー層ごと固めることが出来、上塗り材をしっかりと密着させて長持ちさせることが可能になります。

モニエル瓦と呼ばれている物も同じ仕様で塗装していきます。

注意点としては各工程の間に密着のテスト(テープテスト)を確実に行って下さい。
各工程の塗装が終わり、乾いたところでガムテープなどを貼り付けてサッと剥がします。
この時に密着が悪ければガムテープにスラリー層がくっついてきますので、その部分をやりなをす必要があります。
1ヶ所剥がれるようでは全体的に怪しいので、もう1度プライマーを塗らなければいけません。

89970ce0.JPG
写真は洗浄後の物ですが、元の色(赤い部分がスラリー層です)




04e620c4.JPG
突然完了写真ですが、下塗りを2回、上塗りを2回の4回塗りで仕上げました。
手間のかかる塗装ですが、仕上がった後のこの輝きで疲れも飛ぶってものですねっ!
本当に奇麗に仕上がります。

f0b10409.JPG

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スラリー瓦塗装

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nagisa-style.com/bcms/mt-tb.cgi/217

< たまには趣味の紹介です。  |  一覧へ戻る  |  うちの職人 >

このページのトップへ