HOME > 渚美装ブログ > 知っ得! > 木材

木材

< コーキング  |  一覧へ戻る  |  本日着工 >

木は水分を吸ったり吐いたりして収縮します。「木は生きている」と言われるのはこのためですが、木の収縮は柱が曲がったり壁が浮いたりする原因になります。このような現象をできるだけ少なくするため、人工的に乾燥させた木を「乾燥材」と呼びます。乾燥材の水分量は約15%で、ここまで乾燥させておくとほとんど収縮がありません。したがって、乾燥材を使った家はゆがみが少なく、頑丈なまま維持できるといってもよいでしょう。
 在来工法の場合、柱や梁などの主要な構造部分に乾燥材の使用をおすすめするのはこのためです。最近の在来工法はほとんど乾燥材を使っているようです。ただ、値段が少し高いので、予算的に見合わないと乾燥材を使わない会社もあります。柱や梁は最終的に見えなくなってしまう部分なので、あとからでは確認のしようがありません。
 どちらにしろ、柱や梁にどんな木を使っているかを把握しておけば、我が家のメンテナンスに役立つでしょう。ぜひ事前に確認して
おきたいものです。

なぎさかわら版より

カテゴリ:

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 木材

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nagisa-style.com/bcms/mt-tb.cgi/222

< コーキング  |  一覧へ戻る  |  本日着工 >

このページのトップへ