HOME > 渚美装ブログ > アーカイブ > 2007年11月アーカイブ

渚美装ブログ ; 2007年11月アーカイブ

インフルエンザ

今年はインフルエンザの流行が例年よりの早いらしく、当社も先日全員で予防接種を受けてきました。

毎年死者も出るインフルエンザ・・甘く見て痛い目に遭うわけにはいきませんので、これで一安心ですかね?

健康第一でこれからの頑張ります。



以下「ウィキペディア」より抜粋

インフルエンザとヒトとの関わりは古く、古代エジプトにはすでにインフルエンザと見られる病気の記録が残っている。最も重大な転機は1918年から1919年にかけて発生したスペインかぜの世界的な大流行(パンデミック)である。これは規模、死亡率の点で強力で、感染者数6億人、死亡者数 4000万 - 5000万人(さらに多いという説もある)にのぼり、第一次世界大戦終結の遠因ともいわれる。このスペインかぜ以降、インフルエンザは毎年継続してパンデミックを起こしている状態にある。また、さらに数年から数十年ごとに、新型のヒトインフルエンザの出現とその新型ウイルスのパンデミックが起こっており、毒性の強い場合は多数の死者がでる。

近年は新型ヒトインフルエンザのパンデミックが数十年起こっていないこと、死亡率の減少などから、「インフルエンザは風邪の一種、恐れる病気にあらず」と捉える人が多くなったが、これは誤解である。インフルエンザの症状はいわゆる風邪と呼ばれる症状の中でも別格と言えるほど重く、区別して扱う事も多い。またパンデミック化したインフルエンザは人類にとって危険なウイルスである。

日本などの温帯では、冬期に毎年のように流行する。通常、11月下旬?12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて、4-5月には流行は収まるパターンである。

完了間近

完了間近


さ?、完了までもう一歩ですっ!
外壁、帯板、雨樋、破風板、軒裏天井などほぼすべての上塗りが完了して、本日足場を外しました。

残りの作業はベランダ防水の上塗り、1階周りの見直し、下回りの掃除等です。

もう一息っ!最高の仕上がりを目指します。

外壁塗装後アップ

外壁


先日上塗りを終えた外壁のアップです。
ツルツルのピカピカに仕上がっています。
この上塗り塗料は2液性のシリコン系ですが、シリコン系を塗ればすべてこういった仕上がりになるかと言うと、そうではありません。

重要なのは希釈率です。

希釈率とは塗料を薄める割合であって、水性塗料なら水、塗シン系なら塗料用シンナーで薄めます。
今回使用した塗料は弱溶剤系の塗料なので塗料用シンナーで薄めて使用するのですが、当社では塗る物それぞれに適した希釈率の設定をしています。

はかりさえ持たないペンキ屋が多い現状ですが、目分量では安心できません。
ある人に言わせれば(長年の経験で適正の希釈率は分かっている)といいますが、本当に信頼していいものでしょうか?

人間すべてとは言えませんが、誰もが楽(らくを)したいと考えていると言ってもおかしくないと思います。
希釈率を低く設定することによって「塗りづらい」ということがあります。
その時に薄めれば塗りやすくて作業も楽に進められます。
ですが、そうすることによって塗料の性能を生かす希釈率で塗るよりも職人達が楽に塗っていく希釈率に変わっていってしまうことがあるのではないかと思います。

当たり前のことですがその小さなこだわりが大きな結果をもたらしてくれると信じて、日々「良い仕事」を追求しています。

上塗り

上塗り完了

1階、2階と外壁の上塗り(3回塗り)が終わって養生(ビニール)を剥がしているところです。
写真の帯板はもう1度塗装をして完了です。
写真奥の鈴木君が剥がしているのは雨どいに巻いていた養生です。

塗装完了

戸袋も上塗り完了です。
2液性ウレタン塗料仕上げはやはり綺麗になりますねっ!
ツヤツヤ感がたまりません。

渚美装 職人紹介

職人紹介


渚美装の職人たちの紹介ページを作りました。

「職人紹介」←ここをクリックするとご覧になれます。

帯板塗装1回目

帯板


写真は本日の作業のひとつ帯板塗装の1回目が終わったところです。
2液性のウレタン塗料で塗装しているのですが、1回目でもかなり綺麗に仕上がります。
1液塗料に比べると塗膜が強靭というのが特徴でやはり耐久性に差が出ます。

雨戸塗装

下地処理


写真上は塗装前にケレン作業を行っているところです。
この作業はやってみると分かりますがかなりきつい作業です・・・
ですが仕上がりに直結する大事な作業なのできっちりと進めていきます。
ケレンとは塗装する素材を削る(目荒らし)事で、塗装面の表面積を増やして、塗料の密着性を高める重要な行程の一つです。


塗装完了


ケレン作業後に塗装を行い完成した物です。
2液性(主材と硬化剤を混ぜる塗料)の塗料で吹き付け仕上げです。
状況により刷毛塗りや吹き付け塗装で仕上げていきます。

新現場着工!

工事着工


11月8日にスタートした新しい現場です。
現在は足場の組み立て、高圧洗浄、サイディングのコーキングの打ち直しまでが完了しました。

明日の関東の天気予報は残念ながら雨・・・
作業は中止になってしまいそうです。

これから寒いシーズンになると気温や結露などに注意しながら塗装を進めていかなければいけません。

寒さで体も硬くなりますから怪我などには特に注意させないといけませんね。

このお宅もまた渚のおすすめ仕様で仕上げていきますので、また最高の仕上がりが期待できそうです。
楽しみ楽しみ・・・

茅ヶ崎市S様邸

写真の上にマウスポインタを載せると施工前の写真に切り替わります。



本日無事工事完了となりました新作品です!
BLOGでも紹介してきたとおり大満足の仕上がりになりました。

外壁4回塗り:セラMシリコン?(関西ペイント)
屋根4回塗り:ヤネMシリコン(関西ペイント)

当社を信用していただいて、塗装工事をまかせて頂き感謝しています。

塗っておしまいではありません。
これからしっかりと定期点検を行っていきますので、これからが長いお付き合いの始まりです。
今後とも渚美装をよろしくお願いしますねっ!!


下の写真をクリックすると拡大してご覧になれます。

塗装完了後

屋根塗装完了!

塗装前

上の写真は塗装前、浄後のものです。
新築から10年たっていたためかなり痛みは進んでいました。

塗装完了後

塗装完了後2

上の写真2枚は塗装完了後のものです。
塗装前と比べてみると驚くほどに生まれ変わったのが分かるでしょうか!?

先日から紹介しているようにこの仕上げは4回塗り仕上げです。
1:シーラー
2:シーラー
3:シリコン塗装
4:シリコン塗装

の4回塗りです。

いや?、、、最高の仕上がりですっ!!

外壁4回塗り(モルタルスタッコ)

塗装前

上の写真は施工前のものです。
外壁にクラック(ひび割れ)が出てきていました。

4回塗り後

今後のクラックに対応できるように微弾性フィラーを2回塗装した後に、シリコン系の上塗りを2回塗り、計4回塗りで仕上げました。

このお宅も当社でお勧めしている仕様で仕上げていますので完了までもうしばらくお待ちください。

キレイに生まれ変わりますよ?!!

« 2007年10月 | メインページ | アーカイブ | 2007年12月 »

このページのトップへ