HOME > 渚美装ブログ > 業者選びのポイント > 見積もり

見積もり

< 外壁上塗り途中  |  一覧へ戻る  |  藤沢市H様邸 >

このカテゴリでは業者選びのポイントをまとめていこうと思います。

今回はポイント1
「見積もり」です。

工事を行うにあたり必ず取るであろうこの見積もりですが、これがまた難しいんです。

細かく説明していきますがまず最初にわかりやすくまとめると・・・

1、最低でも2社以上からの見積もりを取る。
2、見積書に使用する材料名、メーカー名が記載されているかを確認する。
3、見積書に各部位(屋根、外壁、鉄部等)の塗り重ねの回数が記載されているかを確認する。

1、の見積もりを取る件数ですが3社ぐらいが好ましいと思います。
3社の見積もりを並べることによって金額の相場のようなものが見えてくると思います。

ただここからが重要で、見積もりを3社から取れば当然金額も安い、中、高いの3通りに分けられます。
決して勘違いしてはいけないのが、「高いからいい」、「安いからそれなり」と言うわけではありません。

電化製品のような物であれば安いにこしたことはありません。自分もなるべく安いところや、セール中などを狙って買うことが多いです。

ですが、こういった「物」と違い価格だけで判断できないというのが難しい部分なのです。

「じゃ?どうすればいいんだ」と言われると思いますが、次は見積書の中身に注目していきます。

2、に書いた塗料名、メーカー名の記載がしっかりしているかや、塗る部分の?数やメーター数はしっかりと計られているかなどです。

たとえば業者Aの見積もりは10分ほど家を点検した後、見積書が届きました。
金額は外壁のみの塗装工事で50万円です。
見積書には「一式○○円」という記載が多く細かい数字は分かりません。

一方業者Bは1時間ほど家の周りをぐるぐると点検して、見積書が届きました。
金額は同じく外壁のみの塗装工事で59万円です。
見積書にはすべての工事ヶ所の?数、メーター数が記載され、さらにはその計算式までもが記載されていて、とても透明感のある見積書でした。

あなたならこの業者Aと業者B、どちらに工事を依頼しますか?


業者選びにはたくさんの労力を必要とします。
失敗して後悔しないためにも、納得いくまで業者と話し合い、心から信頼できる業者と思えるまでは工事を任せてはいけません。

良い業者を見極めるポイントはこれからも更新していく予定です。
是非お役立てください。

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 見積もり

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nagisa-style.com/bcms/mt-tb.cgi/303

< 外壁上塗り途中  |  一覧へ戻る  |  藤沢市H様邸 >

このページのトップへ