HOME > 渚美装ブログ > 塗装工事 > 外壁剥離作業

外壁剥離作業

< コーキングは生命線  |  一覧へ戻る  |  なぎさの仕上げ! >

写真をクリックすると拡大してご覧になれます。

本日着工の現場ですが、下の写真でわかるとおり外壁の塗装がペロッとはがれてしまった為2階部分の1面のみの塗装工事を行います。

外壁状態

このように簡単にめくれあがるというのはまれですが、新築時の下地に何か問題があったのではないかと思います。

塗料は何に塗っても良い訳ではなく、屋根、鉄部、モルタルなど様々な素材により、それに適した塗料を使用していかなければいけません。

例えばアルミサッシを塗装したければ、それ専用の下塗り材を塗装してからでないとすぐに塗料がはがれてきてしまい、塗る前よりも見た目が悪いなんて事になってしまいます。

水性の上塗り剤を使用するのであれば基本的にはシーラー(下地強化、密着性の向上)を塗るのは当然のことです。


剥離後

全体的に塗料が密着していない状態だったので、元の塗料はすべて剥がしてしまいました。

施主様もまさか数年後に下地のモルタルをまた目にするとは思ってもいなかったことでしょう。

? 塗料の剥離
? カチオンフィラー塗装(下地調整)
? シーラー塗装(下塗り)
? ソフトロール塗装(中塗り)
? ソフトロール塗装(上塗り)

今後またはがれる事が無いように各工程をしっかりと行っていきます。

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 外壁剥離作業

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nagisa-style.com/bcms/mt-tb.cgi/309

< コーキングは生命線  |  一覧へ戻る  |  なぎさの仕上げ! >

このページのトップへ