HOME > 渚美装ブログ > アーカイブ > 2008年1月アーカイブ

渚美装ブログ ; 2008年1月アーカイブ

見積もり前点検

今回のポイントは、見積もりするために建物の状態を把握するために点検を行いますが、そこで注意する点をまとめていきます。

まず業者に見積もりを依頼すると、実際に現地に行き点検をします。
そこで得た情報(面積、傷み具合等)を元に見積書を作成していきます。

では、どのような見積もり前の点検が良くてどのような点検が良くないのかを考えていきましょう。

悪い例
・点検といっても建物の外周を測る程度で床面積しか出していかない。

・点検後の報告が無い、またはわかりづらい。

・始めてから15分程度で終わってしまう。

・細かい部分(通気口の数、破風板など)は計らない。見積書には「一式」として記載されるでしょう。

解説
外壁塗装を行うのですから、外周だけ計って床面積がわかっても塗装する外壁面積はわかりません。
おおよその数字を出すことはできますが、その数字をどこまで信頼できるかはわかりませんよね。
しっかりと外壁の総面積から窓などの塗らない部分を差し引いた塗装面積を出すのは見積り作成には最低限必要な数字です。

外壁の面積は縦×横で簡単に計算できますが、窓の面積を差し引くためにすべての窓の面積も測らなければいけません。
したがって点検作業には必然的に時間が必要となることがわかると思います。大体1時間もあればすべての面積、メーター数、傷み具合などをチェックすることができます。

2008年初現場

今年職人たちは6日から仕事始めで、7日から塗替え工事をスタートしています。
写真のお宅の塗替えですが、このお宅は以前当社でウッドデッキと玄関扉の塗装を任せていただいたお客様です。
新築から9年ということでだんだんと傷みが目立ってきたこともあり、今回屋根、外壁の塗替え工事を行うことになりました。
新年早々爽やかに生まれ変わってきていますよ!

施工前

完成までお楽しみにっ!

2008年元日

2008年元日


2008年 元日
新年明けましておめでとうございます。

さぁ?、1年の始まりです!
今年も充実した1年になるように楽しんでいきましょう!

2007年を振り返ってみると、やはり楽な1年ではありませんでした。
塗装業界、リフォーム業界の失態が目立ち、皆様に多大な不安を与える年でした。

そしてここに宣言いたします。

・今年こそは業者選びで失敗しないための明確な方法を作り上げます。

・今年こそは我が社「渚美装に任せておけば心配ないね!」という声をさらに増やします!

1年の始まり!ギュッと気を引き締めて2008年に悔いを残さぬように過ごしていきます。




皆様にとって2008年が幸せな年でありますように・・・

有限会社 渚美装 一同


2008.1.1




« 2007年12月 | メインページ | アーカイブ | 2008年2月 »

このページのトップへ