HOME > 渚美装ブログ > アーカイブ > 2009年3月アーカイブ

渚美装ブログ ; 2009年3月アーカイブ

茅ヶ崎市S様

下の画像をクリックすると拡大してご覧になれます。

21e5a4fa.jpg


数ある業者の中から当社を選んでいただきありがとうございました。
本当に新築のようになり、大変満足していただけたようで良かったです。

屋根にはルミステージ(ルミフロンフッ素)を使用していますので、長く安心して過ごして頂けると思います。

Kawasaki 復活!

クリックで拡大

どうしても仕事優先となってしまい、車検切れのままになっていた愛車のZ2がとうとう3年の眠りから覚めました!!

娘と一緒にオイル交換をしてワンショット!
「はいチーズッ」と言ったら娘が一言「何でチーズなの?」・・・
何でチーズなんだっけ??

まぁ?いっかで「カシャッ」

これから気持ちのいい季節になるので、しっかりメンテナンスをして楽しもうと思い、ワクワクしています。

本日の作業は

サイディングボードの生命線、コーキングの打ち直し
屋根の下塗りなどを行いました。

クリックで拡大

傷んだ既存のコーキングはすべて撤去します。
テープで両サイドに養生をして、専用プライマーを塗り、コーキングを打ち込み、へらでならして完成です。

クリックで拡大

入り墨部分などにもコーキングを施します。

クリックで拡大

カラーベスト屋根の塗装前の状態です。
洗浄後の写真になりますが、元々黒かった屋根も白っぽくなり表面が傷んできていました。

クリックで拡大

下地強化材のシーラーを写真のようなあめ色になるまで塗装します。
新築から10年前後での塗替えの場合は1回塗りでこのようにあめ色になり、すい込みを止めることができますが、13年以上経っている場合はほぼ間違いなく2回以上塗る必要があります。

この後に上塗りを2回塗りして完成になります。

クリックで拡大

屋根の「棟押さえ」と呼ばれる鉄板は下地の木に釘を打ってとめてあります。
年数が経つと下地の木材の収縮により釘が自然に抜けてきてしまいます。

当社では対策として釘の頭からの雨水の浸入を防ぎ、釘を抜けづらくするために、このようにコーキング処理をしています。

抜けかかった釘がある場合は、その隣に新たに釘を打ち直しています。

本日着工3.10

クリックで拡大

朝の8:00から足場を組み立て始めました。

クリックで拡大

お昼ごろにはもうこのような状態です。


クリックで拡大

ネット、ブルーシートを張り高圧洗浄まで完了しました。

こちらのお宅も屋根の塗装はAGCルミステージ(ルミフロンフッ素)で仕上げていきます。

乞うご期待!

茅ヶ崎市S様邸

施工前
クリックで拡大

新築から15年という事で外壁、屋根共に塗装工事を行うこととなりました。

完了後
クリックで拡大

外壁は2液性シリコン塗装
屋根はAGCルミステージ(フッ素)で仕上げてあります。
落ち着いた色でブロンズのサッシに良く合っていてお客様にも満足していただけました。

完了後
クリックで拡大

茅ヶ崎市M様邸

施工前
クリックで拡大

以前に雨漏りしたことがあり、正面だけ塗装処理がしてありました。


施工後
クリックで拡大

新築当時の色で塗装しました。
施工前の1階部分は特に色が退色していたのが分かります。
新築当時に塗装したものよりも良い塗料で仕上げてありますので、今度は長持ちしますよ!

茅ヶ崎市I様邸

クリックで拡大

施工前
新築から10数年経ち外壁、屋根共に年数相応の傷みが出てきたため塗装工事を行うことになりました。

クリックで拡大

施工後

屋根の傷みはとくに進んでいたため、4回塗りで仕上げてあります。
外壁は通常の3回塗り仕上げになっています。

本当に新築時に戻ったように綺麗になりましたね!

« 2009年2月 | メインページ | アーカイブ | 2009年4月 »

このページのトップへ