HOME > 渚美装ブログ > 日記 > クラック補修

クラック補修

< 外壁・屋根塗装工事 茅ヶ崎市S様邸  |  一覧へ戻る  |  破風板塗装 つや消し仕上げ >

 写真 2012-10-25 10 07 25.jpg

施工前のひび割れの状態です。

写真が斜めの角度からなので分かりづらいと思いますが、クラック幅は1㎜程です。

 

写真 2012-10-27 15 40 00.jpg

 

クラック補修後に下塗りを行った状態です。

途中工程は下記に記載しますが比較写真は並んでいたほうがわかりやすいのでここで載せています。

どこにひびが入ってたのかほとんどわからなくなっています。

手順はひび割れ部分のVカット、エポキシパテ注入、削り作業で平らにならして塗装していきます。

写真 2012-10-25 10 08 48.jpg

Vカット後

元のクラックの開きではエポキシパテが奥まで入り込んでいかないため、あえて溝を広げるためにVカットを施します。

対象物の材質にもよりますが、今回は圧縮ボードのためカッターですぐに削ることができました。

写真 2012-10-25 10 03 26.jpg

写真は別部分の補修途中ですが、エポキシパテをクラック奥まで入り込むように押し込み少し盛り上げています。

 

写真 2012-10-25 13 30 24.jpg

完全にパテが硬化した後で平滑になるように削っていきます。

ペーパーなどにあて木をして削ると平らになりやすいです。

この後に下塗り、中塗り、上塗りを行って完成となりますが、完成後はどこにクラックが入っていたのかわからなくなっていると思います。

カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: クラック補修

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nagisa-style.com/bcms/mt-tb.cgi/428

< 外壁・屋根塗装工事 茅ヶ崎市S様邸  |  一覧へ戻る  |  破風板塗装 つや消し仕上げ >

このページのトップへ