HOME > 渚美装ブログ > アーカイブ > 2013年5月アーカイブ

渚美装ブログ ; 2013年5月アーカイブ

木製玄関扉 アンティーク仕上げ

施工前

施工前の写真です。

とても良い雰囲気が出てますが、やはり何もしないままでは傷みが進んでしまいます。

風合いを生かしつつ、再生していきます。

施工途中

 

向かって左側の扉が旧塗料(ニスと着色剤)の剥離後表面をきれいにサンディングした状態です。

右側はその後ムラ防止のキシラデコールカラレスを塗った直後です。

この時点で扉のシミやアク、要は傷みが有るのがよくわかります。

完全再生する場合はカラレスを塗装する前にアク洗い、染み抜き、日焼け落としを何度も行い、シミ1つ無い無垢の状態に戻していきますが、今回はこだわりのアンティーク仕上げ!

この風合いを生かしていきます。

完成

完成

完成です。

あえて光沢は強く出さずにしっとりとした仕上げです。

かっこよく仕上がりました。

 

 

藤沢市K様邸

施工前

2.13 007.jpg新築から13年。

外壁屋根共にリフレッシュです。

 

 

 

 

 

 

 

施工後

5.10 007.jpg

建坪の大きさもさる事ながら、そのデザイン、使用材料等とても素敵なお宅でした。

既存の外壁ベルアートの質感を残したいという要望の為、専用塗料「アートフレッシュSK化研」で仕上げました。

屋根は当社定番の最高級フッ素塗料「ルミステージ」で仕上げてあります。

ケヤキの緑と調和したお庭からの眺めが最高です。

 

茅ヶ崎市I様邸

11.24 003.jpg

11.24 004.jpg

外壁、屋根共にAGCフッ素:ルミステージでの仕上げです。

メーカーからの10年保証が出るこの塗料、確かに高額ではありますが、その耐久性、仕上がり、そしてたくさんの実績からの裏づけ、当社で最も信頼している塗料です。

 

 

« 2012年11月 | メインページ | アーカイブ | 2013年10月 »

このページのトップへ